プロフィール

犬子

Author:犬子
フレンチブルドッグの
「ンバダバポ」を中心に、
着物・ダイビングなどの趣味や日常の日記を書いていきます。
沖縄移住をきっかけに。。。
今まで『おひなたさん』では小鳥と名乗っていましたがこの機会に犬子に統一します。

ンバダバポのプロフィール

【ンバボ】♂ ブリンドル *2000.12.23生* 体重:11kg 【ダバダ~♪】♂ ハニーパイド *2003.09.02生* 体重:12.6kg 【クイポ】♀ パイド *2007.02.08生* 体重:10kg

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

きまぐれさん
沖縄生活奮闘記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬と飛行機
実はうちのンバボは水頭症です。
それで普通の仔よりいつも興奮状態にいます。
それだけに、飛行機に乗せるにあたっては病院の先生とはよく相談しました。
ンバボさんの場合は興奮をおさえる座薬を入れてから乗せます。

それでも降りてきた時興奮している時はまた座薬を入れます。
それで身体を冷やし興奮をおさめるように私がスキンシップします。
これが一番きくのです。ンバボさんは私を信じているから、声をかけたり触ってやったり
することで、とても安心感を覚えるのです。

それでもダメなら病院に直行となるでしょう。
沖縄でもきちんと前の旅行の時から、大阪でかかっていた病院からの紹介をうけた病院を
きいていきました。

今はその病院を掛かり付け医としています。
大阪の院長先生のお知り合いだから、よく話は伝わっているのです。

そして、私達はンバボさんがこの世からいなくなるまで沖縄にいる事を誓っています。
飛行機には乗せたくないからです。
でもこれはンバボさんが水頭症だからです。
ダバちんは全く平気です。
でも同意書を書かされる限り危険があると言う事ですからあまり乗せたくはないですね。
私達が沖縄に来た事で、「あんな暑いところで大丈夫なのか」と思っている方も
いらっしゃると思いますが、大阪より涼しいくらいです。
沖縄は日差しがきついだけで、風がずっと吹いていて気温も37度まで上がる事もありません。
せいぜい32度です。

夜は涼しく散歩できる事もあります。
その辺りは大丈夫かどうか、先に出て判断してから散歩させています。
現実的にフレンチは沢山います。
ブリーダーさんからの方もいれば、こっちのペットショップにもいます。
ご心配をおかけしている方へこの事を報告しようと思っていたのですが
今回報告させていただく気持ちになりました。

私はある犬が飛行機で熱射病で亡くなった事を知り、航空会社に問い合わせをしました。
速やかな対応でした。何の問題もなかったとの回答でした。
でも、何もないのに熱射病で亡くなるのはおかしいと思うのです。
でも、本当に何もなかったのかもしれません。
これはそこに誰もいなかったからわからないことです。

後で沖縄で調べた時には壁も床も20~25度に保たれていて空調は正常だったそうです。
でもその便がどのような飛び方をしたか、気圧の変化はどの程度だったか
上空では気温が上がっていたのかもしれない。
これは人がそこに乗っていないのだからわかりません。

なぜ同意書を書かされるのか、よく考えて飛行機をご利用された方が良いと思います。
そして自分の犬の健康状態は事前に病院で診てもらっておいた方がいいと思います。

私はこのような無責任な航空会社のもうけ方はきらいです。
一体どのくらいの割合で死亡する事があるのか明確にするべきだと思います。
でも自分でも出来る事をして覚悟もしなくてはいけないと思っています。

私達の覚悟は今回が最後です。
無事生きて今も側にいてくれる事が幸運だったのか、当たり前だったのかはわかりません。

今までに飛行機で亡くなった犬達にご冥福を。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nbabo.blog21.fc2.com/tb.php/155-4002972b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。